top  Index  Search  Changes  RSS  Login

複合GoTo

一行に複数のGoToを書く記法.

>>> foo >>> bar

行数節約のためにこう書きたいという希望もあるようですが… 2ch:691-693n 2ch2:365

2ch:696より (→ 指定行へのリンク)

howm-ref-regexp, howm-ref-regexp-pos, howm-ref-regexp-hilit-pos
を設定すればできるかも. …が, おすすめしません.
「>>> foo >>> bar」で foo の検索結果から bar を絞り込み検索,
という案もありますから.
(特定ファイルの特定行へのリンクなどに使える)

というわけで, いつか裏切られても恨みっこなしなら.

(setq howm-ref-regexp "\\(>>>\\)[ \t]*\\([^>\r\n]*\\(>>?[^>\r\n]+\\)*[^> \t\r\n]\\)"
      howm-ref-regexp-pos 2
      howm-ref-regexp-hilit-pos 0)

※この正規表現は不正確です. どなたか添削してください. 「>>> を含まない文字列」のあたりとか, どう書くのが正解? …っていうか, 正規表現だけでやるのがまちがい? → Lispプログラマーは、なぜ正規表現を必要としないのか ref ref ref


(Please LogIn to post comments.)

Last modified:2008/03/09 15:30:58
Keyword(s):
References:[アイデア]