top  Index  Search  Changes  RSS  Login

レッツノート

Let's note R4 への Linux インストールメモ. 先達のページに大変助けられたので, お礼として. (あんまりちゃんとはわかっていません. 鵜呑みにせず, 一事例という程度でごらんください)

キーワード

  • Debian GNU/Linux Sarge (デビアン, リナックス)
  • Panasonic Let's note CF-R4 (パナソニック, レッツノート)
  • laptop, note PC (ラップトップ, ノートパソコン)

助けられたページ (thx!)

その後知った/教えてもらったページ(thx!)


sarge 編 (obsolete)

インストール

  • まずは Knoppix-3.6 で起動確認
  • パーティションを切り, Windows を先頭パーティションへリカバリ
    • マニュアルに警告があったので, 基本パーティションは 1,2,3 のみ. (4 は避けた)
    • 1=win, 2=/, 3=拡張 (5=swap, 6=…)
  • sarge をインストール. 問題なし.
    • base-config では, タスクは何も選択せず. aptitude install どばどばは後で.

X

  • aptitude install x-window-system
  • /etc/X11/XF86Config-4 は, Knoppix のを参考に
Section "Device"
        Identifier      "Generic Video Card"
        Driver          "vesa"
        VideoRam        131072
EndSection

Section "Monitor"
        Identifier      "Generic Monitor"
        HorizSync       28.0-96.0
        VertRefresh     50-75
        Option          "DPMS"
EndSection
Section "Screen"
        Identifier      "Default Screen"
        Device          "Generic Video Card"
        Monitor         "Generic Monitor"
        DefaultDepth    24
        (…中略…)
        SubSection "Display"
                Depth           24
                Modes           "1024x768" "800x600" "640x480"
        EndSubSection
EndSection
  • パッドの縁をぐるぐるなぞるとマウスホイール相当
    • aptitude install xfree86-driver-synaptics
    • XF86Config-4 を修正 (ref や /usr/share/doc/xfree86-driver-synaptics/README.gz を参考に)
Section "InputDevice"
        Identifier      "Configured Mouse"
        Driver          "synaptics"
        Option          "CorePointer"
        Option          "Device"                "/dev/input/mice"
        Option          "Protocol"              "auto-dev"
        Option          "LeftEdge"              "1700"
        Option          "RightEdge"             "5300"
        Option          "TopEdge"               "1700"
        Option          "BottomEdge"            "4200"
        Option          "FingerLow"             "25"
        Option          "FingerHigh"            "30"
        Option          "MaxTapTime"            "180"
        Option          "MaxTapMove"            "220"
        Option          "iVertScrollDelta"              "100"
        Option          "MinSpeed"              "0.06"
        Option          "MaxSpeed"              "0.12"
        Option          "AccelFactor"           "0.0010"
        Option          "SHMConfig"             "on"
        Option          "RBCornerButton"                "2"
        Option          "CircularScrolling"             "on"
EndSection
  • 【未解決】 kterm のスクロールがもたつく

電源管理

  • APM の場合:
    • Fn+F1, Fn+F2 でバックライト調節可. apm コマンドで電池残量もわかる.
    • 【未解決】 残量は出るが, 推定残り時間が出ない (cat /proc/apm → … 80% -1 ?)
    • 【未解決】 apm -s でのサスペンド不可 (復帰後にエラーどばどば. hda: write_intr: error 0x04 { DriveStatusError })
  • 【未解決】 ACPI の場合: 電源管理が何もできず
    • バッテリになっても輝度変わらず
    • Fn+F1 (輝度下げる)などは押しても効果なし
    • echo 4 > /proc/acpi/sleep しても変化なし
    • 電池残量もわからず
  • 結局, apm で使うことにした
    • /boot/grub/menu.list を修正して update-grub コマンドを実行
# kopt=root=/dev/hda2 ro apm=on acpi=off
  • バッテリについて
    • 輝度最大 & ディスクアクセスしっぱなし & load average 3.0 以上でも 3〜4 時間もった
    • ECO モードは, Windows で設定すれば Linux 側にも継承

カーネルコンパイル

  • ソフトウェアサスペンド(suspend2)が使いたくて, ref を参考に. (ちなみに, Vine-3.2 の場合はそのままのカーネルで hibernate できました)
  • patch の入手
    • /etc/apt/sources.list に追加
deb http://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/debian/debian/ experimental main
deb-src http://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/debian/debian/ experimental main
    • aptitude update; aptitude -t experimental install kernel-patch-suspend2
    • cd /usr/src/kernel-patches/all/2.6.8/; vi apply/suspend2
-   2.6.8-1[56]|2.6.10-[56]|2.6.11-[1-7]|2.6.12|2.6.12-[1-9]|2.6.12-10) :;;
+   2.6.8-1[56]|2.6.8-16sarge1|2.6.10-[56]|2.6.11-[1-7]|2.6.12|2.6.12-[1-9]|2.6.12-10) :;;
  • 必要物の準備
    • .config のベースをぱくるため, aptitude install kernel-image-2.6.8-2-686
    • aptitude install gcc kernel-package fakeroot 等
    • aptitude install kernel-source-2.6.8
    • cd /usr/src; tar xvfj kernel-source-2.6.8.tar.bz2
    • cd kernel-source-2.6.8; make-kpkg clean; cp /boot/config-2.6.8-2-686 .config
  • fakeroot make-kpkg --added-patches suspend2 --config menuconfig kernel_image kernel_headers modules_image
    • 45 分程度
    • .config は ref や vine のも参考に, これで成功. 関係ない項目もありそうですが詰めず. (sarge の kernel-image-2.6.8-2-686 から /boot/config-2.6.8-2-686 をぱくって修正)
135a136,169
> # Software Suspend 2
> #
> CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND2=y
> CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND2_BUILTIN=y
> 
> #
> # Image Storage (you need at least one writer)
> #
> CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND_SWAPWRITER=y
> 
> #
> # Page Transformers
> #
> CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND_LZF_COMPRESSION=y
> 
> #
> # User Interface Options
> #
> CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND_TEXT_MODE=y
> 
> #
> # General Options
> #
> CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND_DEFAULT_RESUME2=""
> # CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND_KEEP_IMAGE is not set
> CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND_CHECK_RESUME_SAFE=y
> 
> #
> # Debugging
> #
> CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND_DEBUG=y
> # CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND_DEVELOPER is not set
> 
> #
460,461c494,495
< CONFIG_IDE=m
< CONFIG_BLK_DEV_IDE=m
---
> CONFIG_IDE=y
> CONFIG_BLK_DEV_IDE=y
468c502
< CONFIG_BLK_DEV_IDEDISK=m
---
> CONFIG_BLK_DEV_IDEDISK=y
481c515
< CONFIG_IDE_GENERIC=m
---
> CONFIG_IDE_GENERIC=y
488c522
< CONFIG_BLK_DEV_GENERIC=m
---
> CONFIG_BLK_DEV_GENERIC=y
510c544
< CONFIG_BLK_DEV_PIIX=m
---
> CONFIG_BLK_DEV_PIIX=y
532c566
< CONFIG_SCSI=m
---
> CONFIG_SCSI=y
538c572
< CONFIG_BLK_DEV_SD=m
---
> CONFIG_BLK_DEV_SD=y
589c623
< CONFIG_SCSI_ATA_PIIX=m
---
> CONFIG_SCSI_ATA_PIIX=y
2537c2571
< CONFIG_EXT2_FS=m
---
> CONFIG_EXT2_FS=y
2541c2575
< CONFIG_EXT3_FS=m
---
> CONFIG_EXT3_FS=y
2545c2579
< CONFIG_JBD=m
---
> CONFIG_JBD=y
2547c2581
< CONFIG_FS_MBCACHE=m
---
> CONFIG_FS_MBCACHE=y
2815a2850
> CONFIG_LZF=y
  • cd ..; dpkg -i kernel-image-2.6.8_10.00.Custom_i386.deb kernel-headers-2.6.8_10.00.Custom_i386.deb
    • これが「2.6.8」になる. sarge 公式のは「2.6.8-2」.

suspend & resume

  • vi /boot/grub/menu.list && update-grub
    • 「# kopt=…」に resume2=swap:/dev/hda5 を追加
  • aptitude install hibernate
  • 上で作ったカーネルで起動し, hibernate コマンドでサスペンド. 同じカーネルで起動すればレジューム.

その他

  • USB, PCMCIA は何もしなくても使えた
    • USB floppy/CD からの boot も可 (BIOS に設定項目あり)
  • 【未解決】 サウンドは鳴るが, 音量調節キー(Fn+F4, Fn+F5, Fn+F6)は効果なし
    • aumix コマンドによる音量調節は可
    • hotkey driver はまだ試していません ref ref
  • 【未解決】 無線 LAN はまだ試していない
  • 【未解決】 CPU 周波数の変更もまだ試していない
    • acpi=off でもこんな手が. ref
  • 【未解決】 液晶と外部ディスプレイの同時表示ができない
    • Fn+F3 で, 「外部のみ」「液晶のみ」の切り替えは可 (APM 時. ACPI 時は試していない)

etch 編

sarge からの変更点を補足します.

X

  • xfree86-driver-synaptics はインストール不要
  • ドライバは自動認識まかせで「i810」になる. 描画のもたつきは解消された.
  • /etc/X11/xorg.conf の "Synaptics Touchpad" のところを書きかえ(ぐるぐる対応)
Section "InputDevice"
        Identifier      "Synaptics Touchpad"
        Driver          "synaptics"
        Option          "SendCoreEvents"        "true"
        Option          "Device"                "/dev/psaux"
        Option          "Protocol"              "auto-dev"
        Option          "HorizScrollDelta"      "0"
        Option          "LeftEdge"              "1700"
        Option          "RightEdge"             "5300"
        Option          "TopEdge"               "1700"
        Option          "BottomEdge"            "4200"
        Option          "FingerLow"             "25"
        Option          "FingerHigh"            "30"
        Option          "MaxTapTime"            "180"
        Option          "MaxTapMove"            "220"
        Option          "iVertScrollDelta"      "100"
        Option          "MinSpeed"              "0.06"
        Option          "MaxSpeed"              "0.12"
        Option          "AccelFactor"           "0.0010"
        Option          "SHMConfig"             "on"
        Option          "RBCornerButton"        "2"
        Option          "CircularScrolling"     "on"
EndSection

その他に…

  • 「カタカナ」や「\」のキーコードが変わったので xmodmap によるオレカスタマイズを修正
  • key2mouse のコンパイルには, aptitude install libxtst-dev が必要

電源管理

  • デフォルト(ACPI)で OK
  • cat /proc/acpi/thermal_zone/TZC/temperature で温度も見られる

suspend & resume

swsusp2 をやめて uswsusp にしました. カーネルコンパイルが不要だし, 圧縮や暗号化もできるし.

  • aptitude install uswsusp
  • dpkg-reconfigure uswsusp で設定
  • s2disk でサスペンド(to disk). 同じカーネルで起動すればレジューム.
  • s2ram は NG.
    • ACPI Exception (evregion-0424): AE_TIME, Returned by Handler for …

CPU クロック調整

ref

  • modprobe speedstep_centrino して /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/ を確認
  • aptitude install cpufreqd
  • /etc/default/cpufreqd に「speedstep_centrino」を書き加えて「CPUFREQ_CPU_MODULE="speedstep_centrino"」に
    • もしくは /etc/modules に「speedstep_centrino」を追加?
  • cat /proc/cpuinfo でクロック周波数の変化を確認
  • /etc/cpufreqd.conf をお好みで編集して /etc/init.d/cpufreqd restart
    • 夏場の発熱が気になるので, アイドル時にクロックを下げるべく以下を追記
# many duplicated lines for raising priority of this rule. sigh...
[Rule]
name=Idle
battery_interval=0-100
battery_interval=0-100
battery_interval=0-100
battery_interval=0-100
battery_interval=0-100
battery_interval=0-100
cpu_interval=0-20
profile=Powersave Low
[/Rule]

液晶バックライトの輝度調整

ref ref

  • aptitude install linux-source-2.6.18
    • cd /usr/src; tar xvfj linux-source-2.6.18.tar.bz2
    • 展開しただけ. コンパイルは不要.
  • refから pcc-acpi-0.9.tar.bz2 をダウンロード
    • 展開して make && sudo make install && sudo depmod -a && sudo modprobe pcc_acpi
    • /proc/acpi/pcc/ を確認
    • 「echo 8 > /proc/acpi/pcc/brightness」などとテスト(最低は 1, 最高は 21)
    • /etc/default/acpid に「pcc_acpi」を書き加えて「MODULES="pcc_acpi battery ac processor button fan thermal"」に
    • もしくは /etc/modules に「pcc_acpi」を追加?
  • refから hotkey-handler-1.4.tar.gz と ac-power-handler-1.0.tar.gz もダウンロード
    • 展開して中身を /etc/acpi/ にコピー
    • /etc/init.d/acpid restart
    • Fn-F1 と Fn-F2 で輝度を調整できる

外部ディスプレイへの切り替え

  • aptitude install i810switch
  • 外部ディスプレイをオン → i810switch crt on
  • 外部ディスプレイをオフ → i810switch crt off

日本語環境

  • ttf-vlgothic だったか(?)のインストール時に「failed to write cache」 → ref
    • touch /usr/share/fonts/jfbterm でおさまった
  • dvips して gv で見るとエラー → ref
    • 以下のようにして「標準」以外もすべて選択すればなおった
sudo dpkg-reconfigure cmap-adobe-japan1
sudo dpkg-reconfigure cmap-adobe-japan2

消えたパッケージ

  • wwwoffle → polipo で代用
  • ppxp & xppxpm → ppp & wmppp.app で代用
  • xlockmore → xscreensaver で代用
  • xlispstat → 自前でコンパイルするしか? (まだ)
  • elisp-manual

vmware

  • VMware-workstation-5.5.4-44386.tar.gz なら OK
    • aptitude install linux-headers-2.6-686 しておくこと
  • 以前の vmware workstation 5.5.1 はインストールに不具合
    • 検索したら vmware-any-any-update という回答が目につくけど, 新しい 5.5.4 なら不要だった
    • 参考に, エラーメッセージ
The directory of kernel headers (version @@VMWARE@@ UTS_RELEASE) does
not match your running kernel (version 2.6.18-4-686).  Even if the
module were to compile successfully, it would not load into the
running kernel.

  • 2006-01-22 (日) 05:10:55 Anonymous : 私も CF-R4 で Debian 使ってます.
  • 2006-01-22 (日) 05:19:24 Anonymous : http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~uwabami/cc-env/kernel-deutzia.html
  • 2006-01-22 (日) 05:20:28 Anonymous : grub に apm=off acpi=on して acpid 入れても電源管理できませんか?
  • 試したときはこんな感じでした > ACPI
    • grub には apm= も acpi= も記述せず
    • boot 時に「kernel: ACPI: Interpreter enabled」と表示された
    • /proc/acpi/ の下をあちこち cat してみても, バッテリ残量らしき出力は得られず
    • acpid は入れていない
  • refによると, kterm のスクロールがもたつくのは, vesa ドライバでまにあわせてるせい?
  • 2006-01-23 (月) 04:02:01 Anonymous : 今更言うのもアレですが、 既にカスタムカーネルなんでなんとも。以前 VAIO を使って祟りにあった時の経験から、 なんとなく apm=off acpi=on にしてしまったのですだ。どういう仕組みなんでしょうね
  • あ, お礼がまだだった. 参考になるページをありがとうございます.
  • カーネルのバージョンか私のヘマかは置いといて, ともかくそちらでは ACPI が使えてるわけですね?
  • 私の方は, 「これだけは不可欠」が一式クリアされた時点で見切って, 実戦投入してしまいました. あとはまた気が向いたときにぼちぼち…のつもりです.
  • 2006-06-07 (水) 01:19:03 u2 : R5購入しようか検討してます。参考になりました。
  • 2007-05-27 (日) 02:58:00 dareka : wlanはどうでしょうか?
  • 使えてるみたい → cc-env - 無線 LAN の設定
  • 2007-08-03 (金) 10:03:07 taku : 今もs2ramはNGなのでしょうか?
  • その後とくに変えていないのであいかわらずじゃないかと思います。データが飛ぶのが恐くて試せませんが。

(Please LogIn to post comments.)

Last modified:2008/03/09 14:20:14
Keyword(s):
References:[なんでも]