top  Index  Search  Changes  RSS  Login

MT


なんでも (2006-12-18 23:38:56)


  • 2006-11-01 (水) 18:37:50 MT : Howm のデフォルト設定directoryを変えたい――ほぼ初心者です。設定済みMeadowで、Howmとorg-modeを併用する使い方を試行錯誤中なのですが、 以下を、user用の.emacs {c:\meadow\2.20\bin\.emacs}に記したのですが、効かないようで、相変わらず、c:/howm/から読み込んでいて、directory が変わりません。また、C:\Meadow\site-lisp\packages\howm 内のhowm.elとか、howm-menu.el を開いて、検索語=howm-directory で検索して改訂しようとしたところ、検索してみてもどの行にもみあたらないので、ここでお手上げになっています。
  • 2006-11-01 (水) 18:40:55 MT : すいません、以下をつけたすのを忘れました――;;Howm-diretory where to place (setq howm-directory "c:/extraHome/abc/howm/");;;;これ効かない?
  • win のことはよくわかりませんが……まず, その .emacs 自体は確実に読み込まれているでしょうか?
  • .emacs の末尾に以下を書き足しておいて起動してみたらどうなるでしょう. ミニバッファに「=== c:/extraHome/abc/howm/」が表示されるでしょうか?
(message "=== %s" howm-directory) (sit-for 60)

  • 2006-11-02 (木) 03:10:25 MT : どうも的確なアドヴァイスをありがとうございます。設定済みMeadow2.20/2.20/bin/.emacsの末尾に、上記を追記しました。すると、起動途中のミニバッファに、「=== c:/extraHome/abc/howm/」が表示されます。これで、今、(setq howm-directory "c:/extraHome/abc/howm/") が有効になっているかどうか調べているところですが、冒頭が「;; ユーザ用の設定ファイル」で始まるこのuser用の.emacsで12行記している一番最後に上記の一行、その上に(setq howm-directory "c:/extraHome/abc/howm/") を書いたところ、howm-directoryが、c:/extraHome/abc/howm/に切り替わっているようです。いままでは冒頭のほうで、記していたのですが、なぜ効かなかったのか、それとも、中間のところで、org-modeに関するdirectory設定等の部分と拮抗などしていたのか、検討中です……。
  • 2006-11-02 (木) 03:26:24 MT : たびたびすいません。上記に関連しているのかどうかわからないのですが、設定済みMeadow2.20が、howmを使ったあとで終了せず、繰り返し終了キー操作しても終了しません。黒いDos窓の画面の右上隅のx印をマウスクリックすると終了することができるのですが、すると、「Error 109 when reading from stdin! 」という表示が画面上にでてきました。たぶん今までもこういう状態だったのかもしれませんが、今、あらためて、この異常終了と警告表示に気がつきました。
  • これはちょっと私ではわからなそう(なんで DOS 窓が出てくるのかとか…). ふだん meadow/win を使ってる方, 何か気づいたら教えてください _o_

  • 2006-11-05 (日) 02:39:05 MT : どうも丁寧な書き込みありがとうございました――まず、「Error 109 when reading from stdin! 」という表示が画面上にでるのは、簡単な場合から複雑な場合まで、Meadowではこの表示がでることがあるようで、それぞれに原因がいりくんでいるようで、初心者には手に負えないようで、当面、忘れることにしました。なお、Howmとorg-modeとの併用を試行錯誤しているのすが、「;(add-to-list 'load-path "c:/meadow210/site-lisp/";この行を入れると読込みエラー」「;(require org);この行を入れると読込みエラー」の2行をいれると、Errorになってしまうので、site-lispに org.elwo
  • 2006-11-05 (日) 02:46:46 MT : すいません。途中できれてしまいましたが、上記と関連しているのですが、質問を変えます。elscreen-howm.elをdownloadし、Meadow-emacs300設定済みのsite-lispにいれて、「require elscreen-howm」としても、「An error has occurred while loading `c:/meadow210/.emacs':」と読み込み時に表示され、.emacsのそこの行で読み込みがとまってしまうようです。elscreen-howm.elを、~/lisp/のほうにいれても同じく、同じerrror表示となります。要は、elscreen-howmをうまく設定するには、どうしたら? ということなのですが……。
  • わかるとこだけ. ほかは win な人おねがい.
(add-to-list 'load-path "c:/meadow210/site-lisp/") ;; 閉じ括弧ぬけ
(require 'org) ;; クオートぬけ

  • 2006-11-05 (日) 12:47:55 MT : どうもありがとうございました。初歩的ミスですいません。上記2行のように、閉じ括弧ぬけ、クオート抜けをなおしたら、その部分はエラーなしになりました。ただ、以下のように、elscreen-howmの部分は、エラーになってしまいます。elscreen-howm.el の置き場所がまちがっているのか、以下の行で、「;;これはerrorとなる」とある、3行はうまくいきません。「(require 'howm) 」は問題ないのに??  「(load "rh-mode-plus") ;;これはerrorになる:rh-mode-plus.el と rh-mode.elを~/site.lisp/に置いた?」  「(require 'elscreen) ;;これはerrorになる:elscreen.el を~/site.lisp/ないし、~/lisp/に置いた」 「(defmacro elscreen-create-automatically (ad-do-it)……中略……」 「;;Elscreen-howm」「(require 'elscreen-howm) ;;これはerrorになる:elscreen-howm.el を~/site.lisp/ないし、~/lisp/に置いた」 「;;Meadowk起動時にHowm設定読み込み」 「(setq howm-menu-lang 'ja)」 「(require 'howm) ;;howm-mode.el等一式は、設定済みMeadow300では、~/packages/lisp/howm/に置かれている」以下略、というのを.emacsに記しているわけですが……
  • rh-mode.el を置いた場所を「正確に」教えてください. 以下が気になります.
    • site-lisp/ じゃなく site.lisp/ なのか?
    • ~/site.lisp/ とは c:/meadow210/site.lisp/ のことか? yes なら, そう判断した理由は?
    • rd-mode じゃなく rh-mode なのか?

  • 2006-11-05 (日) 14:27:29 MT : まず、rd-mode-plus.el と rd-mode-plus_Extend.el のつもりで、rh-modeと誤記してしまい、すいません。  c:/meadow210/site-lisp/ に、rd-mode.elと、rd-mode-plus.elを、byte-compliieをしないで、置きました。理由は、org.el 等のorg-mode一式を、同じ場所にいれていて.emacsにorg-mode関連読み込み等を記述していてうまく動いているから、rd-mode-plus.elとrd-mode-plus_Extend.elの場合も、同様にできると思ったからです。 「(load "rd-mode-plus") ;;これはerrorになる:rd-mode-plus.el と rd-mode-plus_Extend.elをc:/meadow210/site-lisp/に置いた状況で以下のerrorが起動Meadowの(ミニ)バッファ・ファイルに表示される。 『An error has occurred while loading `c:/Meadow210/.emacs': File error: Cannot open load file, rd-mode』 「(load "rd-mode-plus") 」に対して上記のようにeror表示がでる。 以下『To ensure normal operation, you should investigate and remove the cause of the error in your initialization file.……』とerror表示が続きます。そこで、「;(load "rd-mode-plus") 」と、この行を無効にしてしまうと、正常にMeadowが起動--少なくとも、Howmとorg-modeの大部分の操作では正常に動きます。 ただ、elscreen-howm.el が、うまく.emacs記述ができえず使えないので、画面の切り替えに不自由しているわけですが……。 
  • 2006-11-05 (日) 15:15:46 MT : さきの質問後に、以下のことをやって、「(load "rd-mode-plus") 」がerrorミニ
  • (1) c:/meadow210/site-lisp/ には以下のどれが置いてあってどれが抜けていますか?
    • ア. rd-mode.el
    • イ. rd-mode-plus.el
    • ウ. rd-mode-plus_Extend.el
    • エ. elscreen.el
    • オ. elscreen-howm.el
  • (2) rd-mode-plus_Extend.el というのは初耳です. どこで入手されましたか?

  • 2006-11-05 (日) 15:29:07 MT : 先の質問後に、以下のことをやって、「(load "rd-mode-plus") 」がエラーになる表示が消えました。c:/meadow210/site-lisp/に置くのが一番いいやりかたなのかどうかは初心者のためわかりませんが……。なお、次の項で、あらためて、elscreen-howmのことについて質問させてください。――rd-mode.elは、実は、On-line上でもう平岡さんの公開頁が無効となっていたので、手に入らなかったため、rd-mode.elの代替と(早合点して)思えたon-line上で公開されたsourceをそのまま使わしてもらって、rd-mode.elファイルとしてc:/meadow210/site-lisp/にいれていたが、これをエディターQxでのぞいてみると、そのなかで「……provide rd-mode……」という行があってこれがrd-mode.elそのものとはちがうものであると判断。そこで、on-line上をいろいろ探して、ruby-1.6.2-20001218-i386-cygwin.tarをdownloadし、それを解凍し、/rd-tool/util/のなかにあったrd-mode.elを、c:/meadow210/site-lisp/に入れ直した。すると、「(load "rd-mode-plus") 」でもエラーはでなくなった。ただし、これで、rdメモ等やHowmと連動するのかは、まだ確かめ得ていない。以上です。どうも、いろいろ勘違いがありすいません。また、丁寧に回答してくださってありがとうございました。
  • 2006-11-05 (日) 16:00:12 MT : (1) まず、「;;Elscreen-howm」「(require 'elscreen-howm)」は、エラーなしで読み込むことが今わかりました。ただ、問題は、「(require 'elscreen) ;;;;これはerrorになる?」で、この行を有効にすると、『An error has occurred while loading `c:/Meadow210/.emacs':』『Symbol's value as variable is void:  』……とエラー表示がでます。なお、エ elscreen.el および オ elscreen-howm.el が(それに、ア rd-mode.el と、イ rd-mode-plus.el も同様)、c:/meadow210/site-lisp/に置いてあります。なお、meadow-for WinXpの起動は、「set HOME=C:\Meadow210」をbattery_fileで指定するやりかたで起動しています。 (2) rd-mode-plus_Extend.el というのは、私の勘違いでした――これは、一週間以上前に、rd-mode-plus.el の source を手に入れたときに、そのもとの内容と自分のメモを、rd-mode-plus_Extend.memで残しておいたものをつい忘れてしまい、~/site-lisp/にいれてしまって、*.el と勘違いしてしまったものでした。内容をみてみてこの勘違いに気がつきましたので、今、削除したところです。
  • 「Symbol's value as variable is void: ○○」は, スペルミスかクオート抜けが一番ありがちです. .emacs の該当行を(手で書き写すのではなく)コピーして貼っていただけませんか.
  • あと, ○○の所は何と表示されているでしょうか?

  • 2006-11-05 (日) 17:18:52 MT : 如何に、該当行を.emacsから、pasteで写し、それに、鍵括弧の区切りをつけました――「(require 'elscreen) ;;;;これはerrorになる?」 「(setq elscreen-prefix-key "\C-z")」  また、この直後の行は、elscreen作者のかたのhttp://www.morishima.net/~naoto/software/elscreen/ にある通りで、 「;;一枚しかない画面で自動的に画面を作成」「(defmacro elscreen-create-automatically (ad-do-it)」「 (` (if (not (elscreen-one-screen-p))」「 (, ad-do-it)」「 (elscreen-create)」「(elscreen-notify-screen-modification 'force-immediately)」「 (elscreen-message "New screen is automatically created"))))」「(defadvice elscreen-next (around elscreen-create-automatically activate)」「 (elscreen-create-automatically ad-do-it))」「(defadvice elscreen-previous (around elscreen-create-automatically activate)」「(elscreen-create-automatically ad-do-it))」「(defadvice elscreen-toggle (around elscreen-create-automatically activate)」「 (elscreen-create-automatically ad-do-it))」と続きます。その後は、elscreen-howmの項に入ります。 ・『Symbol's value as variable is void: ○○』の、○○部分は空白。如何に、(「(require 'elscreen-howm)」を設定後に。「(require 'elscreen)」を有効にしてから、Meadowを起動したときに現れる)エラー表示を記します――『[!] [X] 0 + *Messages*』(この、「[!] [X] 0 +」というのが先頭に現れてくるのは、初めてみたように思うので、たぶん、elscreen-howmの効果なのかとも思うのですが…… )『(C:\meadow210\bin\Meadow.exe)『Loading subst-ksc...done『Loading subst-gb2312...done 『Loading subst-big5...done 『Loading subst-jis...done 『Loading advice...done 『Loading encoded-kb...done 『Loading regexp-opt...done 『Loading c:/meadow210/site-lisp/rd-mode-plus.el (source)...done 『Loading mule-util...done 『『An error has occurred while loading `c:/Meadow210/.emacs': 『Symbol's value as variable is void:  』『To ensure normal operation, you should investigate and remove the……以下、略……』  となります。以上なのですが……。
  • thx. なるほど…よくみると (require 'elscreen) の後に全角空白がはいっていますね. 半角空白に直すとどうでしょうか.

  • 2006-11-06 (月) 01:58:51 MT : ・まさに、全角になっているための、エラーでした。半角につめたところ、エラーがなくなりました。これも初歩的ミスで、申し訳ありません。『Symbol's value as variable is void: 』の最後が、空白だった、というのは、このミスに対応していたのですね。どうも、大変ありがとうございました。初心者として勉強になりました。さて、これで、当面、一見落着なのですが、elscreenをHowmで有効に使いたいため、とりあえず、もうひとつだけ質問させてください――elscreenをhowmで有効に利用するための提案がこのHowm-wikiの他の場所でなされていますが――http://howm.sourceforge.jp/cgi-bin/hiki/hiki.cgi?ElScreen――それをそのままコピーさせていただいて、.emacs に転記してから、Meadowをたちあげると、エラー表示が以下のようにでます。……略……『An error has occurred while loading `c:/Meadow210/.emacs':『Symbol's value as variable is void: howm-view-summary-mode-map』 これはたぶん、上記で記載されている最後の5行の部分のところでつかえているのだと思うのですが……。つまり、「(define-key howm-view-summary-mode-map」「 "\M-\C-m" 'howm-elscreen-open-summary)」「(define-key howm-view-contents-mode-map」「 "\M-\C-m" 'howm-elscreen-open-contents)」「))」――上記、howm-wikiにある記載にミスがあるとも思えないので、再吟味しているのですが、初心者ゆえ、わからない状況です。なお、今回は、「(load "elscreen" "ElScreen" t) 」「;;require-tabdで一覧表示と切り替え」「(require 'elscreen-tab)」――elscreen-tab.el をやはり、c:/meadow210/site-lisp/にいれています。なお、ややこしくて申し訳ないのですが、c:/meadow210/というdirectory名をつけてはいるものの、meadowをversion-upし、現在は、meadow3.00版になっているので、elscreen.elの最新版や、elscreen-howm.el 等々の機能と齟齬はないものと思います。
  • あ, すみません. それはElScreenに書いてあるコードの方の問題ですね. (require 'howm) より後に書かないとそのエラーになりそうです. 勝手に require するようにコードを直しておきました.

  • 2006-11-07 (火) 01:47:51 MT : どうもありがとうございました。「(require 'howm)」 より後にelscreen関係のコードを移したところ、一応はelscreenが動くようになり、また、elscreen-howmもC-c C-cで新規メモ等を保存終了してくれるなど機能するようになりました。――(たしかに、Howm-wikiの上記の場所に公開されているコードは最初から、「……howm-……」とでてくるので、(require 'howm) が先に必要かな、とちらっと思ってはみたのですが、Meadowでのerror表示では、howm-view-summary-mode-map という最終行に近いところまでは読み込んだことを意味すると思って、たぶんhowmの基幹部分は、Meadow起動時に*.lc等で最初から読み込まれているのではないかと結局のところ思っていました)。――ただ、elscreeen.elのキーバインドは、まったく効かないようです(C-z C-c等々のすべて)。ともあれ、もう少し時間をとっていろいろ自力で検討してみようと思います。重ねてお礼申し上げます。なお、以下は備考です:#備考1=「(require 'elscreen-tab)」を.emacsに記すと、initialization時のerrorはでないもののの、以下の変な症状が現れたので結局削除した(elscreen.elのより新しいversionでは、elscreen-tabがめざしていた機能がもうとりこまれている印象がある)。症状=<C-C,,>後、『wrong type argument: window-live-p, nil』とミニバッファアに表示。かつ、[!] [X] 0+*howmC*:*howmC* のバッファが二重化して現れる。これらのバッファを閉じると、Howm-menuのバッファが二つ(?)現れるが、[新規]にカーソルをあわせて、Retすると、新規メモ・バッファはでてこないで、ただ単に、Howm-menuのバッファのファイルの、[新規]カーソル部分が改行される結果に。#備考2=MeadowをC-X C-C とか、tool-barのファイルからpop-upを引き出して、終了にカーソルをあわせても、終了しない。ミニ・バッファでは、もう、M-x……等のコマンドが効かない。ずっとまっていても終了しないので、:cwindows/sys32cmd.exeドス窓の右上隅の×印をクリックすると終了するが、小さい窓GneServがでて、「Error 109 when reading from stdin! Aborting.」と表示される。ただし、変更したメモ等の内容は保存されているようなので、終了不可能でやや不便とはいえ実質的にはMeadowは使える。なにも、バッファを変更しないでMeadowを終了させようとすると、(No files need saving) になると、同じ症状となる。以上です。
  • C-z C-c が効かない → (1) howm 使用時のみの症状ですか? (2) 「どうなってほしいのに」「実際はどうなったか」をそれぞれもっと具体的に教えていただかないと何とも…
  • elscreen-tab → 更新されてなさげ. 最近の elscreen には対応していないっぽいです.
  • 終了不可能 → (1) howm 使用時のみの症状ですか? (2) 以下の手順をお願いします.
    • *scratch* バッファに下記をコピー・貼り付け
(setq debug-on-quit t)
    • 貼り付けた閉じ括弧の後にカーソルを置き C-j をタイプ
    • (発症させるために必要な操作があれば, しておく)
    • C-x C-c をタイプ
    • meadow が固まった状態で C-g をタイプ
    • *Backtrace* バッファの内容をコピーしBugReportPasteに貼る

  • 2006-11-08 (水) 11:17:46 MT : どうも丁寧な指示をありがとうございます――とりあえずelscreen.elが効くようにしたい。Tag部分に表示されるバッファ系列ごとに表示バッファ画面をきりかえて効率的に仕事をしたい――なお、Howmに関しては、elscreen-howmないしhttp://howm.sourceforge.jp/cgi-bin/hiki/hiki.cgi?ElScreenで公開されているelscreen-howm的な切り替えが使えればよい。後者は私の現状Meadowではちゃんと機能しているようです。
  • 2006-11-08 (水) 11:21:17 MT : すいません。上記のつづきです――(1) <howm 使用時のみの症状ですか>>Howm使用時のみではなく、最初からです。以下のようでした――Elscreen.elは有効にし、elscreen-howm.elは無効に。  この条件下以下のように――howmをC,,で呼びさない状態のとき(*scratch*だけのとき、および、いくつかのファイルを開いた後の状態でも同様だが……):  C-Z C-aや、C-Z C-K は、そのようなキーは定義されていないとミニ・バッファに表示される。C-Z a:「This is winndow[a]」 C-Z n および C-Z p:「There is no other window.」  この後、C,,でHowmを立ち上げた−− [新規]をRet:「OVERVIEW」新規メモを書いた。C-C C-C により、自動保存され、*howmM:%memu%* のHowm-menuが画面に(これは、.emacsに、(require 'howm)付加後の<http://howm.sourceforge.jp/cgi-bin/hiki/hiki.cgi?ElScreen>をコピーしているため==[予定]をRet後に現れる予定印@つきHowmファイル一覧が表示されるバッファには、左上に青色の枠が出ていて、そこに白抜きで予定関連のHowmメモファイル一覧が出ている。各表示メモファイルにcursorをあててクリックすると、そのメモファイルが下のバッファに表示される)。C-X C-C とすると:「(No files need to be saved)」。  ここで、Toolbarのバッファをpull、pop-upし、*scratch*を出そうとするが、でない。  そこで、C-gで、Meadowの固まり状態を解除。、*scratch*に移り、(setq debug-on-quit t)をコピーし、閉じ括弧のあとにcursorをおき、C-j。すると、同じ*scratch*で改行した冒頭に、t がタイプされて現れた。*Backtrace*等のバッファを出してみてみる。  (2) <以下の手順をお願いします>>これについては、後ほど、指定の場所に記入します。.emacsの内容に関係したMeadowの固まり現象かと思うのですが、初心者ゆえ、わかりません。以上です。  
  • thx. howm と関係なく起きる問題なんですね…. そうなると守備範囲外です. ごめんなさい _o_
  • 初心者とのことなので, ご自身と同じ環境(win, meadow)を使っている方に聞いていただく方が, 話は早いし余計な混乱も防げる思います.
  • 例えば, BugReportPaste を見ると session-save-session 関数中でハングしているようですが, もっと詳細を知るには session.elc でなく session.el を読み込む必要があります. MT さんの環境でそれを行うための「正確な」手順は, 私にはわかりません. それに, 症状(セッション情報をファイルに退避しようとして固まる?)も OS 依存な予感がします.
  • ご参考 → プログラムの作者にバグを知らせる方法 (初心者向け)

  • 2006-11-09 (木) 01:18:18 MT : みなさん、どうもアドヴァイスをありがとうございました――たしかに、Howmそのものと離れたMeadowと.emacs、 ・
  • 2006-11-09 (木) 01:26:22 MT : (すいません、文が切れてしまいました)等のからみの問題ですので、ここで検討していただくのは混乱をよぶと判断いたしました(あるいは/.session、さらには、meadow のinstall時に、user's HOMEの指定をまちがえたとか{*.bat でその都度、setしているわけですが……。実は最初から再度D:/にinstallしてみて同じ症状が出ました}、等かという方向で検討してわからなくなっているのですが、ここで検討していただくとやはり混乱をよぶでしょう)。そういうわけで、上記の問題の検討はここで終了させてください。みなさん、大変ありがとうございました。再度、お礼を申し上げます
  • 2006-11-10 (金) 08:22:33 MT : 事後談です――上記理由により、みなさんから反応を求めませんが、その後の経過報告として参考のためきしました―― Sony_Desktop=windows XP service pack 2 導入済み でMeadowを入れ直したところ、上述のような.emacs (つまり、HowmとOrg-mode、それに、Elscreenとelscreen-howm.elを呼びこんでいる体裁のもの)で、C-z C-a により、新規のElscreen系列が作成され、かつ、Howmも elscreen-howm的に動き、かつ、Meadow3.0.0も、C-x C-sで終了できるようになりました――この場合、c:/meadow/以下のファイルを d: にコピーして、battery fileで d:/meadow/bin/から起動しても、同じく快調に動きます。また、それを、ハードディスクK:にコピーし、set HOME=k:/meadow/ とし、k:/meadow/bin/ から起動させても同様に快調に動き、また、、C-x C-sで終了できます。――今度は、そのハードディスク(Fドライブになる)を、Toshiba ダイナブックTX/2515LDSW(=Windows XP service pack 導入済み)にUSB接続。そして、set HOME=f:/meadow/ とし、f:/meadow/bin/meadow.exe を起動すると、まったく同じ.emacを読んでいるはずなのに、elscreen-howm.elが読み込めないというerrorになります(また、rd-mode.el もうけつけない)。ただし、C-x C-s で終了はできました。しかたなく、elcreen-howm.elの読みこみを(かつ、rd-mode.elのそれも)はずしてみると、エラーなしで立ち上がり、c,,でHowmは有効に動くものの、もちろん、elscreen-howm等はできなくなります。ただ、この場合は、c-x C-z で Meadowは固まらずに終了できます。――ところが、set HOME=c:/meadow/ とし、ハードディスクのほうの f:/meadow/bin/meadow.exe を立ち上がらせると、とたんに、C-x C-s が効かなくなり【c:/meadow/.emacsに、(require 'elscreen-howm)を書くとエラーにやはりなるので、それをはずしてあります】、Meadowが固まり、C-g をしてから、また、C-x C-sでもだめ。それで、c:/windows/win32/cmd.exeの表示のあるドス小窓の右上隅のX印をクリックしないと終了不可となりました。なお、このToshiba2004のノートPCにある C:/meadow/以下は、新しくinnstallしたMeadow3.0.0.なのですが、この c:/meadow/bin/meadow.exe/は、.emacs の内容にかかわらず、intall直後から、起動するとC-x C-s で終了できず、固まってしまいます。――以上、報告まで(混乱するので解答は求めていません)。

  • 2006-11-12 (日) 02:14:20 MT : Howmでは、「[2006-11-03]@文化の日」などと、年中行事的
  • 2006-11-12 (日) 02:20:32 MT : (すいません切れました)祝日は、特にuserが指定しなくても、自動的に設定されているのだと思うのですが、user側には毎年だいたいは決まった時期日時に行う会議日程があるわけです。それを毎年、その都度予定メモをつくったり、あるいは、昨年changelog的に一括して記していたファイルから転記して、年度部分を 2006 に変えたりする、という風に使ってきたのですが、これをやめ、自動的に年度だけを替えて翌年も毎年の祝日同様、年中行事として表示してくれやりかたがあると思うのですが……。
  • 2006-11-12 (Sun) 02:45:30 Anonymous : RepeatedToDo

  • 2006-12-02 (Sat) 12:02:01 Anonymous : [予定] でEnterしても予定一覧が表示されないでミニバッファに Not on spell string と表示されてしまう。

WinXp(SP2)Meadow3.00で、Howmはふつうに使えていたのですが、書店でみつけたMeadow Tutorial本巻末のCD-ROM にあったmeadow2.20 をインストールしてからMeadow3.00をつかうと起こりました。

  • [新規]はふつうに頁が表示されたが、.emacs.el で指定いすはずのhowm-directoryではなく、Meadow3.00のあるディレクトリー内の/howm がdirectoryになってしまっている。
  • [予定]ないし[ToDo]をEnterすると、「Not on spell string」とミニ・バッファに表示され、一覧頁が開かない。
  • さらに、「C,,」で、「Specified time is not representable」とミニ・バッファに表示され、[新規]でEnter後も頁が開かず、「Not on spell string」とミニ・バッファに表示

――これは、Meadow3.00でなんとかHowmを.emacs.elで問題なく再度使えるようにしようと、システムの復元をかけて、Meadow2.20導入による裏でおこなわれたらしい不明設定変更を無効にしようと試みたあとに起こりました。 Meadow2.20は、WinXp(SP2)のContral_Paneelアプリケーションの導入削除を利用して削除しよとしても、そこには登録されていない、つまりWinXp側には導入されたと認識されていないようだという印象をもちました。 なので、システムの復元がきかなかったのかもしれないのですが、10月にRD-modeに関連しているエラーを消すため一度システム復元をかけたら、エラーが消えた正常にもどったという経験があるのでわけがわかりません(初心者段階のためお手上げです)

  • 何か「正常でない」状態になってしまったみたいですね…. しかも Meadow Tutorial 本のはカスタマイズしまくりスペシャル環境じゃなかったでしたっけ. 直し方は meadow ユーザでないとわからなそうです. お役にたてなくてごめんなさい.

  • 2006-12-03 (日) 00:52:08 名無しさん : スペシャル環境に変更してしまったのでは回復不可能なのでしょうね。変更中のlog記録もないし……。ともあれ、「C,,」で以下のように表示さえることだけ事後報告として追加いたします。
  • 2006-12-03 (日) 00:53:04 名無しさん : [〆切!, 予定@] (デフォルトでは 7 日先まで表示)
  • 2006-12-03 (日) 00:54:54 名無しさん : 「[〆切!, 予定@] (デフォルトでは 7 日先まで表示)」「%here%(howm-menu-schedule)」「[〆切!, todo+, 覚書-, 済み.] (デフォルトでは上位 50 個まで表示)」「%here%(howm-menu-todo)」
  • 2006-12-03 (日) 13:34:39 MT : お騒がせしましたが、初心者なりに探索的に試行錯誤したところ、偶然、犬が歩いて棒にあたった感じです。以下に事後報告します。= Pc:Meadow trouble shooting--[2006-12-03 13:07] Meadow+Howm設定のトラブル解決:(1)指定したhowm-directoryのなかの/howm/のなかに、以下のファイル以外があると上記が起こる:.howm-key .howm1-key .howm2-key 0000-00-00-000000.howm だから、解決策は、単に、それら以外のファイルをdeleteすればよい。 なお /howm/2006/ 意外にも、たとえば /howm/gtd/などがあってもよい。(2)関連事項 *Meadowの使う.sessionのなかみには、たとえば、「(setq-default session-file-alist '(("~/howm/0000-00-00-000000.howm" 1 」「(setq-default file-name-history '("~/.howm-keys"))」となっているので、この「~」を指定したいhowm-directoryに書き直して変更するが、それでも上記問題症状が発生。 *さらに、.session ファイルを取り除いても、症状は変わらなかった。そこで、(1)をおこなうと解決。これは、.sessionファイルの有無によらない。。 * .emacs.el で howm-directoryを変更してしてもきかないので、今度は、batteryファイルから、set Home c:/home/ABC/ としてするとたしかに、c:/home/ABC/howmを読みに行くように設定済みMeadowは動くが、結局、(1)をやらないと問題は解決しなかった。これも、.sessionファイルの有無によらない。以上です。
  • 2006-12-03 (日) 15:04:56 MT : )すいません。上記の解決は不正確だったようです。特定のファイルを、/howm/ 直下ないし、そのsub-directoriesにおくと、問題症状が生じているようです。その特定ファイルは、TEXT ファイルで、そのファイル名をHowm-fileに似せて変更しても拒否するようです。そのテキストファイルのなかみを変えてもだめで、また、許容されているほかの非Howmファイルに、当該のTEXTファイル中身をコピーしても拒否され、理由がわかりませんが、とにかくそれを削除すれば大丈夫なのようです。ほかの許容ファイルを新しく/howm/以下に追加しても拒否しないのに……。以前に、Meadow300でやっていたときは、そのような拒否はおこらなかったので不思議ですが、一応、問題は解決しました。
  • 2006-12-03 (日) 16:20:52 MT : 追伸:いろいろやってみて、上記問題症状が特定ファイルで生じるといっても、以下の部分だけに関与して異常が起こることがわかりました。ただ、同じファイル名で以下の該当箇所を置いていて、以前にはMeadow300でHowmが正常に動作していたので不思議ではありますが……。・(1)ファイル中にある記述「[2206-11-24]!」があると、問題症状が発生。(2)だが、「[2206-11-24].」に変更すると、みかけ上は、正常に、C,,での頁がでてくるが、しかし、新規、予定、ToDo で頁を開くことはできない。(3)ところが、ほかの適当な*.howm を開いて、そこから、[2006-11-24]! をコピーして、上記の「[2206-11-24]!」と差し替えると、正常に動作するようになった。・ただし、(1)の「[2206-11-24]!」も(3)の[2006-11-24]! も半角で同じようにしか見えないので不思議ではある。(4)ファイル名は、2006-11-my-inboxII.sch 等で/howm/直下か、サブディレクトリーの置いておいてもHowmは正常に動作し、その内容を探して予定等に表示してくれる。以上ですが、Meadow_Tutorial本から設定済みMeadow2.20を導入したところから始まった異常ですが、それとも相関しつつ、理由がわからないものの、howm+meadowがファイル内容にチェックをかけていて、上記にぶつかると動かなくなることは現象としては生じている、と認識しています。たぶん、Meadow側の設定でHowm設定に追加されているためのhowmの振る舞いかとは予測するのですが……。
  • FAQ

(Please LogIn to post comments.)

Last modified:2008/03/09 14:09:35
Keyword(s):
References:[howm-wrap] [なんでも] [ReverseReminder]